人生の振り返り。高校生編。

DVの男と、母は結局結婚した。
喧嘩はもちろん絶える事はない。
高校生の間になんど離婚と再婚を繰り返しただろう。
離婚した相手とまたすぐ再婚できるこの国の制度になんど嫌気がさしただろう。
母親はだんだんとおかしくなった。
美人で評判だった母親はどんどんやつれていった。
数年でどれだけシワが増えただろう。
急に年をとった気がした。
円形脱毛症にもなった。
外出の際は帽子が手放せなくなった。
自殺未遂もした。
警察にもなんどもいった。
しかし警察は夫婦間の問題だからと当てにならなかった。
私も学校のカウンセリングの先生に相談した。
しかしそんな弱い自分の姿を担任にばれてしまった。
急に相談するのを躊躇するようになった。
家庭に問題を抱えた生徒だと見られるのに抵抗があったから。
高校でも唯一バスケットボールは続けた。
いちを県下でも有名な強豪校だった。
でも合宿にいけるお金はなかった。
レギュラーを逃して、普通科高校の勉強にもついていけなくなった。
初めて挫折というものを味わった。30日間無利息 キャッシング

月並みですが、家庭料理にハマっています。

月並みですが、家庭料理にハマっています。
ずっと共働きで、あくせく働いてきました。現在育児休業中で時間があるので、改めて家庭料理のスキルを上げようと頑張っております。
まず、栗原はるみの料理本を読み、モチベーションを上げました。
インターネットや料理本を参考にしながら、和食の基本の出汁の取り方、米の研ぎ方、包丁の使い方などを勉強しつつ実践しています。
今までクックパッドで時短の料理しか作った事が無かったので、夕方からキッチンに立ち時間を掛けて一品一品作っています。
最近では、圧力鍋を使わない豚の角煮や色々無かった味を変えて餃子を作りました。
あと、輸入食品のお店で材料を買って、タイカレーやパッタイど。
お店で食べてみて、これ作ってみたいなと思うものがあれば、レシピを調べて作るようにしています。
離乳食も手が掛かりますが、全て手作りしています。市販品と異なり、入れている材料がわかるので安心です。
この時間を作ってレパートリーを増やし、料理上手なママを目指します。参照ページはこちらから

花粉症に悩まされる時期がやってきました

アレルギーなど一切無縁だったのが、突然発症するという話は聞いていましたが、他人事にしか思っていなかった花粉症が突然発症してから数年が経ちました。
毎年、本当にこんなに苦しい時期は早くさってもらいたいと心から願っていましたが、ぐちぐち言っても仕方ないので、いかに快適に花粉症の時期を過ごせるかを考えることにしました。
花粉症になってしまったからこそできることとして、今まで買ったことがなかったアロマオイルを始めて買いました。
花粉症は、鼻水、鼻づまりがすごいため、イライラしてしまうこともあります。
そんな時にアロマオイルを垂らしたタオルを鼻につけたり、お風呂のお湯の中にアロマオイルを垂らしたり、色々な楽しみ方で花粉症でも楽しい毎日が送れるようにしています。
3種類ほど買ったアロマオイルを混合して、独自のアロマオイルを作ってみることにも挑戦しようと思っています。
特にペパーミントなどのスッキリ系は、花粉症で鼻がつまり、イライラしていたのが、スッキリするので気持ちよく毎日が過ごせています。xn--4gq05lpqhf6h9qg9z5dgbd.jpn.org